冷え性の原因にもいろいろありますが、お風呂は体を温める効率のいい方法です。薬用入浴剤を使う事で、温浴効果が高まり、冷え性改善に役立ちます。富士薬品のオンラインショップで購入できる湯の華は、薬用入浴剤です。

冷え性対策には入浴がおすすめです

冷え性の原因はいろいろありますし、人よっては原因が複合していてなかなか改善できない事があります。体が冷えると免疫力も低下するので、全身に影響が出てしまいます。体を温めるのも効果的ですが、血行不良を改善しないといくら着込んでも、あまり効果は期待できません。こういう時に役立つのがお風呂です。
手軽に体全体を温める事ができます。入浴剤を入れる事で、さらに効果は高まります。入浴剤にも種類はありますが、冷え性対策には富士薬品の湯の華がおすすめです。

体を芯から温めるバスタイムには薬用入浴剤「湯の華」

富士薬品の湯の華は薬用入浴剤で、お風呂に入れる事で温浴効果を高めます。体全体を温かいお湯に浸けると、じんわりと温まり血行が促進されます。お湯の温度が高いと体に負担をかけますし、湯冷めしやすいので注意が必要です。ぬるめのお湯に湯の華を入れてゆっくり温まれば体の芯まで温めるので、湯冷めしにくくなります。湯の華には硫黄を使用していないので、毎日使っても風呂釜を傷めません。肌もスベスベになりますし、ライトグリーンの鮮やかなお湯は、新緑の中露天風呂に入っているような清々しい気分に浸れます。
冷え性以外にも、しもやけや神経痛、肩こり、あかぎれ、疲労回復や腰痛など様々な効能があるので、幅広い目的で使えます。湯の華を入れる事でお湯が軟水化されるため肌に優しいお湯になり、体の汚れを落とす効果も高まるというメリットがあります。1つ1,500gたっぷり入っていますから、毎日使えるのもポイントです。

湯の華は、e-富士薬品で購入できます。硫黄が入っていないから風呂釜を傷めないし、肌に優しいのも特徴です。