カルシウムが不足するとイライラしやすいのは、カルシウムに神経伝達のサポートをするという働きがあり、不足により伝達がうまくいかないと神経がバランスを失うからです。
カルシウムα-Mg炊飯は、お米に混ぜて炊くだけで手軽にカルシウムが摂取することが可能です。

不足しがちなカルシウム

カルシウムは歯や骨の健康に欠かせない物として知られていますが、実は血液や筋肉、細胞膜をサポートする働きもあるため不足すると、体に様々な支障が出ます。カルシウムが不足すると、骨に含まれるカルシウムを使い、不足を補おうとします。こうなると骨がもろく弱くなってしまうので、これも問題です。
だったらカルシウムをたくさん摂取すればいい、と考えがちですが、1日の目安となる600mgを摂取しても、吸収されないと意味がないので、摂取の仕方にはコツがあります。ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートするので、同時に摂取するのがおすすめです。マグネシウム不足も、カルシウム不足の原因となるので、全体のバランスも重要になります。
富士薬品のオンラインショップで購入できる、カルシウムα-Mg炊飯なら毎日手軽にカルシウムを補う事ができます。

「カルシウムα-Mg炊飯」で手軽にカルシウムを摂る

カルシウムα-Mg炊飯は、お米に混ぜて炊くだけで、手軽にカルシウムとマグネシウムが摂取することが可能です。
カルシウムとマグネシウムはバランスが重要です。カルシウムα-Mg炊飯は、カルシウムを2、マグネシウムを1という黄金バランスで混ぜ合わせています。さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDも配合しています。
カルシウムα-Mg炊飯は、サンゴカルシウムを使用しています。沖縄の海の海底で風化し堆積した、サンゴ骨粒を使用しているから、サンゴを破壊するような事はしていません。お米に混ぜて炊くだけだからとても簡単ですし、無味無臭だからお米の味を損なう事もありませんし、料理にも使えます。

カルシウムα-Mg炊飯は、e-富士薬品から購入することが可能です。ご飯を炊く前にカルシウムα-Mg炊飯を混ぜて、後は炊飯器のスイッチを入れるだけだからとても手軽です。

丈夫な骨を育てるのに必要なカルシウムとサポート成分のマグネシウムを一度に取ることができる、それが富士薬品のカルシウムα-Mg炊飯です。炊飯するときに加えるだけと言うお手軽なカルシウムα-Mg炊飯について見てみましょう。

富士薬品 カルシウムα-Mg炊飯のこだわりの健康成分

富士薬品のカルシウムα-Mg炊飯を代表する健康成分はカルシウムとマグネシウムです。
骨や歯を作るのに大切なカルシウムとマグネシウムをバランスよく配合したカルシウムα-Mg炊飯は、小さい子供から大人まで誰でも食べることができます。
カルシウムは沖縄のサンゴから抽出しています。
骨や歯を作るカルシウムは血液や筋肉にもわずかに存在していますが、現代人は不足しがちのようです。小魚や牛乳、乳製品を取る機会が減ったからでしょう。
またマグネシウムは魚介類、海藻類に多く含まれており、カルシウムの半量がちょうどいいと言われています。海の恵みを取る機会が減っている方は試してみる価値があるようです。

富士薬品ファンのレビュー

成長期の子供に手軽にカルシウムを取ってほしいと思っています。小魚が苦手で牛乳もキライと言う子供にどうやってカルシウムを取らせようか考えていた時に見つけたのが富士薬品のカルシウムα-Mg炊飯です。
骨の成長にカルシウムだけではなくマグネシウムも必要と言うのは知りませんでしたが、これならご飯に混ぜるだけなので手軽で便利です。味に変化があるわけでもないので子供も喜んで食べています。この1年で子供の身長が10cm近く伸びましたから、カルシウムとマグネシウムを取ってどんどん成長していってほしいと思います。(30代主婦)
更年期に入って骨が心配になり富士薬品のカルシウムα-Mg炊飯を使ってみることにしました。今までサプリメントを飲んでいましたが、カルシウムα-Mg炊飯なら普段の食事の中で取ることができるので便利です。(50代女性)

カルシウムα-Mg炊飯はカルシウム不足を気にする方や子供の成長を願う方から支持されています。不足しがちなカルシウムとマグネシウムをこの機会に摂ってみませんか。