現代人は野菜不足と言われています。1日に必要とされる野菜の量は、350gですが、意識して野菜を食べている人でもこの量をクリアするのは難しいとされています。手軽に野菜不足を補うには、青汁がおすすめです。青汁には健康効果があると言うことで、便秘気味の方や栄養バランスが気になる方から愛用されています。富士薬品からも大麦若葉青汁が販売されており、腸内環境を整えたい方から高い支持を得ています。

不足しがちな栄養素と食物繊維

毎日の食事に気を使っているという人でも、1日あたりに必要とされる350gの野菜を食べるのはかなり難しい事です。仮に今日350gの野菜を食べたとしても、これを明日も明後日もそれ以降も毎日続けるとなると、難しくなってきます。
外食が多い人や、好き嫌いが多い人は野菜不足になる傾向が見られます。野菜には健康な体を維持するために栄養素が豊富に含まれているので、野菜不足が続けば健康にも問題が出始めます。これを簡単に解決してくれるのが、青汁です。青汁を選ぶなら、大麦若葉青汁がおすすめです。

『大麦若葉青汁』で野菜不足をしっかりカバー

大麦若葉青汁は富士薬品のオンラインショップ「e-富士薬品」から購入できます。大麦若葉青汁は、厳選した材料を使っているから安心して続けられるのがメリットです。
九州の契約農家が無農薬栽培で育てた大麦若葉、鹿児島県屋久島の長命草、北海道産のクマイザサ、栃木県産の夕顔粉末に、キダチアロエとゴーヤとブロッコリーの野菜末、オリゴ糖を贅沢に配合しています。大麦若葉はクセがなく飲みやすい事から美味しい青汁としても人気があります。大麦若葉を超微量粉砕製法で、とても粒子の細かい粉末にしています。丸ごと粉砕するから、食物繊維も豊富に含まれます。さらに1日に100億個の乳酸菌と、コンニャク芋をプラスしているから、腸内環境を整える効果も期待できます。
1包ずつ小分けされているので、使いやすく携帯にも便利です。1日3包を目安にしますが、量は体調に合わせて減らしてもOKです、牛乳と合わせて飲むと抹茶ミルクのように美味しくなりますし、甘さが欲しい時ははちみつをプラスすればヘルシーです。ヨーグルトに混ぜてもいいし、グレープフルーツジュースなどのフルーツジュースとも相性抜群です。

富士薬品の大麦若葉青汁のこだわりの健康成分

富士薬品の大麦若葉青汁には大麦若葉末を主成分に、様々な健康成分が含まれています。
含まれているのは夕顔果実粉末やコンニャクイモ抽出物、クマイザサ粉末にキダチアロエ末など、植物由来成分ばかりです。これらの成分は食物繊維やビタミン類を豊富に含み、便秘の予防改善効果が期待できます。
含まれている植物由来成分はすべて国産で、7種類にも及ぶのが特徴です。さらに大麦若葉青汁には乳酸菌が入っていますので、腸内で善玉菌を増やし、バランスを整える作用があるようです。
腸内で善玉菌2、悪玉菌1の理想的な腸内細菌バランスが実現すると、より便秘の予防改善効果が期待できます。
さらにガラクトオリゴ糖も含まれていますので、善玉菌を増やすと期待できるのです。

富士薬品ファンのレビュー

富士薬品の大麦若葉青汁を購入した人の多くは野菜が嫌い、食事の栄養バランスが気になると言う方ばかりです。そのため便秘解消などの効果を実感する前に、大麦若葉青汁の飲みやすさを実感する人が多いようです。
水で溶かすだけではなく、牛乳や豆乳などで溶かして飲むという人もいます。
女性の多くは便秘解消目的で飲むことが多いようで、飲み始めて数日でお通じがよくなった、定期的にお通じが感じられるようになったという人が見られます。人によっては効果が感じられないと言うことですが、便秘改善効果を感じている人が多いのは事実です。
健康を気にして家族全員で飲んでいると言う方もおり、お腹が緩くなるという人もいますが、健康診断の結果、数値が改善されたと言う喜びの声も聞かれます。
体だけではなく肌の調子も上向きになり、今後も続けたいという人が多いのが大麦若葉青汁と言えるでしょう。

便秘が気になる、体調や肌の調子を整えたいと言う方は大麦若葉青汁を試してみてはどうでしょうか。