配置薬としてお馴染みの富士薬品がここまで知られるようになったのは、テレビCMの効果も大きいのではないでしょうか。

CMで見られるフジちゃんのかわいい動きに注目です

富士薬品のマスコットキャラクターは、フちゃんとジちゃん、2人合わせてフジちゃんです。テレビCMやイベントにも登場するので、ご存知の方も多いと思います。何とも言えないゆる感も魅力ですが、テレビCMではキレのあるダンスを披露したり、薬のイメージに合わせて演技をしたりする姿が、かわいいと注目されています。

CMでフジちゃんたちが踊っているダンスは、どことなくコミカルでかわいらしさも感じますが、振り付けがラッキー池田さんと聞けば納得できます。子供達にも人気のCMをチェックしてみましょう。

ウケる!!新富士胃腸薬とジキナのCM

フジちゃんたちがかわいい踊りを見せてくれるのは、新富士胃腸薬とジキナのCMです。

新富士胃腸薬は胃薬、ジキナは総合感冒薬の風邪薬です。どちらも風邪を引いたり、胃痛や胸焼けをするのはフちゃんです。そこへそれぞれの症状に効く薬を持って、ジちゃんが登場します。薬を飲んで回復し元気になったフちゃんは、ジちゃんと一緒に踊って薬を紹介するという流れになっています。

CMには細かい演出があって、具合が悪い時のフちゃんは、口がへの字になっているのですが、元気になるとフの字に戻っています。今度富士薬品のCMを見るときは、フちゃんの口にも注目してみてください。

CMでは、最後に必ず松岡修造さんが登場します。ちなみに松岡修造さんは、富士薬品の社員で「富士薬人」フジヤクトという名前の人物設定となっています。CMの最後に「元気一緒に富士薬品」という決め台詞を言いますが、その時首にかけているネームプレートには「富士薬人」と書いてあるのです。

富士薬品のホームページには、テレビCMを紹介するページがあります。そこにあるメイキングに松岡修造さん自身が、富士薬人である事を紹介していますので、興味がある方はチェックしてみてください。